家売りたい 静岡

家売りたい、場所は静岡!!

家売りたい、場所は静岡!!

静岡で今お住まいの家や土地といった所有不動産を少しでも高く売るために大事なことは何だと思いますか?
それは対象不動産の相場を知ることが最初の一歩です。

 

長年住み慣れた愛着のあるお家なら、少しでも高く売りたいと思うのが心情です。
一般的に不動産の売却は、当然不動産会社と協力して行いますが、
じつは不動産会社が違うだけで、300万とか500万とかの差が出ることもあるのです。

 

と言うのも、不動産会社にはそれぞれ地域差や取り扱う物件によって得意不得意があり、
また査定方法も会社により異なるという特長があるからです。

 

もちろん査定といった場合、簡易(机上)査定と現地(訪問)査定の二つがあるわけですが、
通常の流れとすれば、簡易査定でおおまかな相場を把握し、
そしてその後に現地査定で正確査定してもらうというのが一般の流れになります。

 

ただしその際、簡易査定の段階で、間違った業者選びをしてしまうと、
適正な価格を満たさないような結果になることも充分考えられます。

 

そうならないためにも、家を売却するなら、複数の業者に査定してもらう必要があります。

 

たとえばイエウールと言う国内最大級の不動産一括査定サイトがあります。

 

こちらのサイト、さすがに国内最大級というだけあって、提携する企業はじつに900社以上!!
その中から最大6社を選択し一括比較できます。
CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社などから最大6社を選択し一括比較できます。
高い金額で売れる会社がきっと見つかります!

 

 

周辺相場と比較することがマイホームを高く売るコツです

 

誰でも家やマンションを売る際には、相場よりも少しでも高く買ってもらいたいというのが本音ではないでしょうか。
しかも家やマンションを売るというのは大きな決断ですので、絶対に失敗したくないと思うものです。

 

さらにまだローンが残っているというようなケースでは、ローンの残金などの絡みもあるし、
さらに引っ越しの費用やいろんな経費のことも考えておかなければなりませんから、なおさら気持ちも動転し、
すぐにでも決めたいとその金額に気持ちが引っ張られてしまします。

 

しかしここは冷静に判断することが大事になってきます。

 

その金額は周囲の相場とかけ離れてはいませんか?

 

これは大事なポイントであり、時間をかけてでもまずは周辺相場と比較して適正価格であるかどうかをチェックしましょう。
と言いますのも、査定額は不動産会社によって開きがあるため、査定額=周囲の相場価格ではないからです。

 

最近は当サイトでも紹介してるイエウールなどの不動産の一括査定サイトがいくつか出てきました。

 

 

 

こういったサイトは、最初皆さんやはり少し敬遠される方もいるみたいですね。
ですがじつはこのイエウールのような不動産・住宅の総合情報サイトは、
個別の不動産関連の企業と違いまったくもって公平な立場で運営されているサイトなのです。

 

ですから本当の相場を知りたいなら試してみる価値があるのです。
何度も言いますが、1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちです。

 

ですが一括査定サイトを利用すると、かなりの差が出るのです。

 

 

浜松市 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 静岡市 島田市 焼津市 藤枝市 牧之原市 沼津市 熱海市 三島市 富士宮市
伊東市 富士市 御殿場市 裾野市 伊豆市 伊豆の国市 下田市

 

 


家の売却、大手だからすぐ売れるというものではありません。

私が家を売却した際の体験談です。
売却した家は、誰も住まなくなった母の実家です。

 

最も私は不動産の売却の経験が全く無かったので、取り敢えず自宅のポストに入っていた不動産売却物件募集と書かれたチラシを頼りに不動産業者に連絡をしました。

 

その業者は毎週のようにチラシが入っている、誰でも名前を知っているような比較的大きな不動産の大手仲介会社でした。
会社を訪問すると、売却に関する手続きがとんとんと進んでいき、すぐに売却活動を始めてもらえました。

 

と、ここまでは良かったのですが、簡単に売れると思っていた物件が実はなかなか売れませんでした。
なんと売却を依頼してから1年経過しても売れる気配がありませんでした。

 

不動産業者曰く、物件の条件が悪いのでなかなか売れないとの事でした。
確かに物件の前の道路の幅は狭く、自動車で進入できないほどでした。

 

この致命的な条件があり、売却価格は販売開始価格の半額程度まで値下げを行いました。
1年半が経過し、それでも売れずに売却を諦めかけていたとき、何と地元の小さな不動産業者から連絡が入りました。

 

条件次第では直接物件を購入してもいいとの事でした。
最終的には売却を依頼していた大手の不動産業者に断りをいれ、直接地元の業者に売却しました。

 

売却価格は当初販売開始の価格の半額以下でしたが、それでもとにかく売れて良かったよいう気持ちが強かったです。
いくら大手とはいえ、条件が悪い物件はなかなか売れないと身をもって知る良い経験でした。

 

家売りたい 相場


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ